貸倉庫を使用する場合のメリット・デメリット

貸倉庫のメリットですが、引っ越しの際などに非常に便利です。
例えば子育てが終わって、少し間取りの小さなアパートやマンションに引っ越す場合です。
当然間取りが小さくなると、多くの荷物の置き場所に困ります。
当然全ての物を捨ててしまえば問題ないのですが、思い入れのあるものや、のちのち捨てるにしても、とりあえずは一時的にどこか他の場所に置いておきたいという場合に便利です。

また、価格ですがハッキリ言って、ピンキリです。
駅から近かったり、屋内倉庫だと当然高くなりますし、広さも1帖から8帖位と幅があります。
事前に自分がどのような物を入れておくのかをピックアップしておくことが重要といえます。

次にデメリットですが、やはり月々の支出に繋がり負債と言えます。
倉庫に入れる物は、普段よく使う物はまず入れることはないと思います。
ですので、やはり個人で借りる場合は、一時的な対処と考えるべきだと思いますが、どうしても捨てれない場合は、引っ越しで家賃を抑えた分で、倉庫を借りているという風に考えればデメリットも緩和されます。
他のデメリットとして、屋外の貸倉庫の場合、多少安全性に不安を感じます。