健全な親子関係を保つために貸倉庫

海外で生活していましたが、最近夫の実家に戻り、生活しています。引っ越ししてきた荷物もさながら、夫は実家に幼い頃から大切にしてきたものを箱に詰めて保管していました。屋根裏部屋に置いていたのですが、最近は雨漏りの心配が出てきたということ、義父も高齢だということから、倉庫を借りて他の荷物と一緒に昔からの荷物を保管することにしました。もともと義父は夫に対し、実家に置いてある荷物のことをまるで人質のように「家に置いてやっているじゃないか」といった物言いをすることがありましたので、夫としても早く荷物を実家から取り除きたかったようです。もうすぐ私たちも自分たちのアパートに引っ越す予定ですが、親元に荷物を置いていてトラブルに発展してしまったなどという経験を持つ人は少なくないのではないでしょうか。
自分たちで貸倉庫を持つことができると自分たちの判断でものをしまうことができますし、誰にも迷惑をかけることがありません。夫の実家には義姉が小さな頃から大切にしていたものも合わせて保管されていましたので、その荷物も一緒に貸し倉庫に持っていきました。健全な親子関係を保つためにも、荷物は自分で保管するという方が良いかもしれません。