夫の工房として使われている倉庫

大阪にある我が家の倉庫は一般家庭としては大きめの物で、壁に沿って棚が置かれています。棚には夫の工具が並べられています。工具は電動の物もあれば手動の小さな物まで様々です。また、中央部には木のテーブルがおかれています。
倉庫は主に夫の工房として使われていて、趣味の日曜大工をするための場所になっています。倉庫の中で行うことで風の影響を受けにくいことと、クズが散らずに済み片付けが簡単なのがメリットだそうです。また、倉庫内に工具を並べることで全ての工具にすぐ手が届き、効率的に作業ができるそうです。
また、完成途中の物はそのまま倉庫内においておくことができるため、雨の時でも作業がしやすく日常生活の邪魔になることもなく、家族の誰かに誤って壊されたり汚れされたりもせず、作業途中で工具を片付ける必要もないため集中して、そして安心して趣味の日曜大工に没頭できるようです。
家族の方も、生活スペースと離れたところで作業をしてくれている性で気を遣わずに済み、お互いに気楽です。